魔の二歳児にイライラしちゃダメ!その理由と対処

魔の二才児にイライラは厳禁な理由と対処

二歳になると何でも自分でやりたがり、

 

大人の言うことはすべて「イヤ」で、

 

時には泣いて怒ってわがままを通そうとする姿がしばしば見られます。

 

 

子供のエネルギーは相当なものですから

 

親御さんにとっては対処に困る方も大勢おられるでしょう。

 

 

しかし、この行為は私たち親にとって喜ぶべき現象であるのです。

 

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

 

自己主張は他者との距離を離すということ

 

甘えてくるのは他社との距離を縮めようととする行為ですが

 

自己主張はその逆で

 

「この距離はあなたとの距離は守らせていただきます」

 

という子供なりの成長の証なのです。

 

 

状況をくみ取って自分を抑えることができるようになるのは

 

5〜6才頃ですのでまだまだ相手の言い分を理解することは出来ませんが

 

幼児期後半になると相手の言っている言葉の意味を理解し、

 

そこから自分の行動に移していく力が付き、

 

それが【我慢】につながるのです。

 

 

ではそれまでの間、

 

自己主張と甘えとどう付き合っていけばよいのでしょうか?

 

 

受け入れられている実感が大事

 

私たち大人でも誰かに甘えたくなる瞬間はありますよね^^

 

子供ももちろん、寂しかったり相手との信頼関係を確かめたくなった時に

 

甘えたくなります。

 

 

それを毎回受け入れてしまうと

 

「甘えん坊の弱い子になるのでは?」

 

と不安になる方もいるかと思いますが、

 

それはハッキリ言って【間違い】です。

 

 

ここで甘えを許してあげないと

 

益々あなたを追っていき、不安が増していきます。

 

できる限り甘えさせてあげましょう。

 

 

もちろん【自己主張】も同じで、ヒステリックになるのではなく

 

「気持ちはわかるよ」

 

と、前向きに認めてあげましょう。

 

 

気持ちを受け入れてもらえれば子供は落ち着きます。
(ここは根気が必要です)

 

一方で、子供の主張をすべて受け入れてしまうと

 

【甘やかし】になってしまいます。

 

 

「気持ちはわかるよ」

 

などと認めながら

 

「そういうことは周りの人の迷惑になるから駄目だよ」

 

と、やさしく諭すことも必要でしょう。

 

 

きちんと甘えと自己主張をバランスよく受け入れてもらった子は

 

他者を受け入れる力をはぐくんでいくことができるのです。

 

 

 

パパママにできること

 

三歳くらいまでは「自分はこれがしたい」を育てる時期

何でも自分でやりたくて仕方がない…。
でも思うように体が動かないからつい暴れちゃう僕…。
でもこんな僕の気持ちを分かってほしいんだ。

 

甘えに応じてもらうと子供に自信がみなぎる

寂しくなったとき、台所にいるままのところへ行って
「ママ」
と、足に抱き付いたら、
お仕事の手を休めて
「どうしたの?」
って抱きしめてくれたよ。
嬉しかった。

 

下の子ができた時の甘えこそしっかりと受け入れて

ママが赤ちゃんばっかり抱っこしていると
僕のことは好きじゃないのかなって思っちゃう。
僕も赤ちゃんと同じだけ抱っこしてほしいし
「好きだよ」って言ってほしいの。

 

自己主張の方法はいろいろある

嫌なことは「イヤ」っていうことが大事なんだね。
貸してほしい時は「貸して」ってお願いするんだよ。
できないときもあるけれど少しずつ分かってきたよ。

 



スポンサードリンク







関連ページ

可愛い二歳児のしつけについて
かわいいわが子も二歳児になってくるとだんだんということを聞かなくなってきて憎たらしい一面も見られます。そこで一番正しいしつけ方をご紹介します。
他人のおもちゃを取ってしまう場合
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
子供の質問に対する対処法
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
子供を効果的に褒める方法
二歳・三歳の子どもはなかなかいうことを聞いてくれませんが褒め方がうまくいってないのでは?効果的に褒める方法をご紹介します。
子供の褒め方Q&A
子供の褒め方をここで解説します。二歳児三歳児はいったいどう褒めたらよいのか。育児としつけの質問コーナーです。
叱る方法とタイミング
子供に怒るのはいつからが一番良いのか。二歳三歳は一番デリケートなので後悔しない叱り方とやってはけない怒り方を解説します。旦那さん必見です。
やってはけない5つの叱り方
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
叱る時の親の態度Q&A
二歳児三歳児を怒る時の親の態度についてO&A形式で質問に答えます。怒る時の難しい場面を解決していきます。
ストレスフリーな叱り方
叱っている最中の子供の態度にストレスを感じてイライラせずに怒る方法を解説します。