子供のしつけは難しい!やってはいけない5つの叱り方

子供を叱るときに注意してほしい5つの項目

子供を叱る時にはただただ子供に言い聞かせるだけではありません。

 

 

ましてや、親の圧力で子供を押さえつける教育もダメです。

 

 

そこで

 

子供を叱るときに

 

注意してほしい

 

5つのことをお伝えしていきます。

 

 

 

やってはいけない5つの叱り方

 

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

 

1.くどくど叱らない

 

口答えされた時など

 

特に長くなってしまいがち。

 

大人が子供を言い負かしても

 

反発心が残るだけです。

 

 

2.あとで蒸し返さない

 

別のことを叱っているときに

 

「そういえばあの時も・・・・・・」

 

と蒸し返さないでください。

 

子供は何について叱られているのか

 

わからなくなってしまいます。

 

 

3.子供の人格を傷つけない

 

叱るのはあくまで行動です。

 

子供の人格を傷つけるようなことを言うと

 

自分自身を大切にできなくなる

 

恐れも出てくるので注意。

 

 

4.「ごめんね」を強要しない

 

何がいけなかったのかを理解し、

 

自分でコントロールできるようになるのが

 

「叱る」目的です。

 

その場で言葉が出なくても

 

成長を待つ気持ちも大事です。

 

 

5.いつ叱るのかある程度一貫性を持つ

 

いつもはいいのに

 

今日はダメということがありすぎると

 

子供も混乱してしまいます。

 

家族で叱る基準を話し合っておきましょう。

 

 

叱り上手な親になろう

 

・親が手本を示そう

 

お友達のおもちゃを取ってしまった場合に

 

子供が謝らない場合は

 

親が率先して謝る姿勢を見せましょう。

 

最近は非常に子供に無関心な

 

親が多すぎる!!!

 

 

・言葉よりも体で制して

 

外出時は子供はうれしくって

 

うろうろしてしまいがち。

 

道路に飛び出してしまうことも。

 

そんな時は何を言っても聞こえていません。

 

なので体で制して

 

「道路に飛び出しちゃダメ」

 

と教えてあげてください。

 

 

・だれだれに怒られるからはダメ

 

レストラン等で大きな声で騒いでいる場合

 

「うるさくするとあのおじさんに怒られるよ」

 

は絶対にダメ。

 

おじさんがいないときはいいのかなと思ってしまいます。

 

そういう場合は

 

「みんなが迷惑するから

 

ここでは静かにね」

 

と優しく諭すことが大切です。

 



スポンサードリンク







関連ページ

可愛い二歳児のしつけについて
かわいいわが子も二歳児になってくるとだんだんということを聞かなくなってきて憎たらしい一面も見られます。そこで一番正しいしつけ方をご紹介します。
他人のおもちゃを取ってしまう場合
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
子供の質問に対する対処法
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
魔の二歳児にイライラは厳禁
魔の二歳児と呼ばれるくらいこの時期はいやいやが激しく自己主張も強くなってきます。しかしここでイライラしてはいけません。その理由と対処法をお伝えします。
子供を効果的に褒める方法
二歳・三歳の子どもはなかなかいうことを聞いてくれませんが褒め方がうまくいってないのでは?効果的に褒める方法をご紹介します。
子供の褒め方Q&A
子供の褒め方をここで解説します。二歳児三歳児はいったいどう褒めたらよいのか。育児としつけの質問コーナーです。
叱る方法とタイミング
子供に怒るのはいつからが一番良いのか。二歳三歳は一番デリケートなので後悔しない叱り方とやってはけない怒り方を解説します。旦那さん必見です。
叱る時の親の態度Q&A
二歳児三歳児を怒る時の親の態度についてO&A形式で質問に答えます。怒る時の難しい場面を解決していきます。
ストレスフリーな叱り方
叱っている最中の子供の態度にストレスを感じてイライラせずに怒る方法を解説します。