【子供の叱り方Q&A!親の態度編】二歳三歳を怒る時にストレスを感じてしまう

子供の叱り方のアドバイスをQ&Aで解説

多くのママさんの経験談で語る

 

叱り方のアドバイスを

 

Q&Aで解説していきます。

 

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

 

 

 

【つい難しい言葉で叱ってしまう】

 

 

・危ない、いけないということをまず伝え
そのあとに短い言葉でなぜだめなのかを
伝えるように心がけています。

 

でも、ついつい回りくどい長い説教をしてしまい、
言いながら使わっていないなと感じることも。

 

口で言ったも伝わらないときや
私自身が切羽詰った時は
手を出してしまうことも。

 

神奈川県/33歳 Y.Tさん

 

 

 

・叱る理由を説明するときに、
難しい言葉を使ってしまったり、
詳しく説明しすぎることがあります。

 

「わかりやすく」を意識すると
逆にどんどん話が長くなる時があります。

 

子供はその時泣きながら聞いていますが
後で、こんなことを言ってもわからないかもと
自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

愛媛県/31才 Y.Yさん

【対話しながら理解させて】

 

小さいうちはあまりくどくど叱られると
叱られる理由が分からなくなってしまいます。

 

でも、成長するにしたがって
言葉でのやり取りが
できるようになっていきます。

 

今は短い言葉で、
そして繰り返し根気よく
伝える努力はしていきましょう。

 


 

【気分や状況で叱ったり叱らなかったり】

 

 

・時間や気持ちに余裕がある時とない時で
叱らずに見守ったり
すぐに叱ってしまったり。

 

同じことでも
対応が変わってしまうんです。

 

愛知県/M/Tさん 30歳

 

 

・理想は、
「危険な時や人に迷惑をかけた時に叱る」
なのですが、
一貫性を持って叱るのが難しい。

 

下の子が生まれたばかりなので
いやいやがひどい時には
つい感情的に叱ってしまい、反省しています。

 

ただ、何をしたら叱られるか
わかってきているような…。

 

東京都/Y.Iさん 32歳

【子供に協力を依頼して】

 

状況によって子供に期待することが
変わってくるのはよくあること。

 

大人の都合で協力して欲しい時は
叱るのではなくお願いしてみては?

 

「ママはあなたの協力が必要なの」
と子供に訴えかけ、
できた時には感謝の気持ちを伝えましょう。

 


 

【子供に良かれと思って叱ったつもりが】

 

 

・お茶をこぼしちゃったり、
下の子のおむつをいっぱい出してしまっているのを
見つけて「何やってるの」と叱ったら
「だってママがお茶飲みたいって言ったから」
「おむつ変えてあげようと思ったんだ」
というのです。

 

急がしい大人視点でしかとらえられず、
子供の本当の意味を見失いがちです…。

 

埼玉県/H.Iさん 26歳

 

 

・良かれと思って叱っているのに
子供が泣き出してしまうと
何だか私の方が悪いことをしてしまったような
気持ちになります。

 

叱り方の加減が難しい。

 

新潟県/T.Tさん 32歳

【謝る、叱ることができる親に】

 

大人と同じようにやって
認められたいと願う時期ですね。

 

間違って叱ったら
心から謝ることが大切です。

 

でも、しかるべき時には
子供が泣いても
毅然とした態度で叱って。

 

泣くことを恐れて
叱ることのできない親には
ならないでください。

 


 

【思い通りに動いてくれないと感情的に】

 

 

・最初は諭すように言っているのですが
同じことを繰り返すとキレて、
つい怒鳴ってしまいます。

 

富山県/H.Nさん 28才

 

 

・つい感情的になって
くどくど叱っていると
子供は直ぐに逃げて行ってしまって
ストレスがたまります。

 

長野県/K.Oさん 29歳

【ママにも気分転換が必要です】

 

怒りの感情を使って
子供たちを支配するという
落とし穴にはまらないためにも
ママ自身もリフレッシュしましょう。

 

自分の時間を持ったり
お友達としゃべったり
パパや祖父母の力を借りて
1人で頑張りすぎないようにしてください。

 



スポンサードリンク







関連ページ

可愛い二歳児のしつけについて
かわいいわが子も二歳児になってくるとだんだんということを聞かなくなってきて憎たらしい一面も見られます。そこで一番正しいしつけ方をご紹介します。
他人のおもちゃを取ってしまう場合
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
子供の質問に対する対処法
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
魔の二歳児にイライラは厳禁
魔の二歳児と呼ばれるくらいこの時期はいやいやが激しく自己主張も強くなってきます。しかしここでイライラしてはいけません。その理由と対処法をお伝えします。
子供を効果的に褒める方法
二歳・三歳の子どもはなかなかいうことを聞いてくれませんが褒め方がうまくいってないのでは?効果的に褒める方法をご紹介します。
子供の褒め方Q&A
子供の褒め方をここで解説します。二歳児三歳児はいったいどう褒めたらよいのか。育児としつけの質問コーナーです。
叱る方法とタイミング
子供に怒るのはいつからが一番良いのか。二歳三歳は一番デリケートなので後悔しない叱り方とやってはけない怒り方を解説します。旦那さん必見です。
やってはけない5つの叱り方
二歳児のお子さんは何でも自分でやってみたい盛りです。それに対して親はイライラしてしましがちです。それに対して育児の方法や対処法、遊びまで詳しく解説します。
ストレスフリーな叱り方
叱っている最中の子供の態度にストレスを感じてイライラせずに怒る方法を解説します。