二歳後半で自分で歯磨き・うがいの習慣をつける!遊びながらが効果的

二歳後半では進んで歯磨き・うがいをできるようにしよう

三歳に近づくにつれ、

 

毎日歯磨きを進んでする子もいれば、

 

言わないとしない子、言っても嫌がる子いろいろでしょう。

 

 

自分で磨きはするけれど、意識して磨けず

 

同じところをゴシゴシとするだけの子も多いはず^^;

 

 

今回はそんな話。

 

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

 

 

子供の状況によって親のかかわり方も変わってきますが

 

「食べた後は歯を磨く」

 

「磨いたら口をすすぐ」

 

を、楽しい雰囲気の中で習慣化させていくことが大切です。

 

 

二歳後半からは水、または子供用の洗口液で

 

口をすすぐ練習を始めましょう。

 

 

歯磨きの後に水を口に含み

 

飲み込まずにちょっとだけ我慢。

 

 

ぶくぶくと左右に口の中で動かし「ぺっ」とさせてみましょう。

 

 

ママやパパがすすいでいるのを見て

 

マネしながら覚えるのもいいですね^^

 

 

親がしてあげたいこと

 

「口をすすぐとさっぱりする=気持ちがいい」という感覚は

 

ママやパパが示してあげましょう。

 

 

ママやパパはいつもこうやってやってるんだぞー^^っという感じで

 

若干自慢げにやってみるのもいいかもしれません。

 

 

洗面所の排水溝を見ながら

 

「ばい菌さんバイバイ(@^^)/~~~」

 

楽しい演出をしてあげると好奇心を刺激されて

 

「私もやる」

 

となります。

 

 

最初は水を飲みこまずに口の中に貯めているだけでもOKです^^

 

「ぺっ」っと吐き出すタイミングは

 

お手本を見せてください。

 

 

そして歯を磨くことが習慣化してきたら

 

「表」「裏」「奥」を意識して磨くように教えていきましょう。

 

 

神経質にならずに遊び感覚で

 

1つ覚えておいていただきたいのは

 

この年齢では歯を磨きたい日と磨きたくない日が

 

あって当たり前です。

 

 

磨きたくない日は強制せずに

 

麦茶で口をすすいだり

 

子供が飲んでも大丈夫な洗口液で口をすすぎましょう。

 

 

子供が飲んでも大丈夫な洗口液はこちら⇒がらがらっぺ

 

 

また上手に歯磨きできない場合でも

 

「歯磨きをしよう」

 

という意欲を盛り立てよう^^

 

 

たとえば、親が風呂で歯を磨く場合。

 

お風呂で楽しく歯磨きができるように

 

お風呂じゅう歯磨きセットにするのもいいですね^^

 

 

そこで

 

「お風呂からでたらもう食べ物は口に入れない約束ね。

 

布団でおやすみなさい。」

 

と入浴後の行動の道筋を立てることができます。

 

 

それに加えて、お風呂での歯磨きはこんなメリットもあります。

 

シャワーで口をすすげばその勢いですすぐことも可能ですし、

 

洗面所がびしゃびしゃになる心配もありません。

 

 

お風呂であれば楽しく、水が飛ぶのを気にせずに

 

歯磨き、うがいの練習をすることができます。

 



スポンサードリンク







関連ページ

子供が歯磨きをしない場合の対処
二歳になる子供が歯磨きをしないときの対処法を解説していきます。嫌がる時はこれで解決。
子供の歯磨き質問コーナー
二歳・三歳の子供は歯磨きをとても嫌がると思います。ママが頭を悩ませる問題をQ&Aで回答していきます。
仕上げ磨きで血がにじむ原因と解決方法
子供の歯磨きの仕上げ磨きで血がにじむ原因と解決方法を解決します
歯磨き粉はいつから?
子供(1歳2歳頃)の歯磨きについて歯磨き粉はいつから?